とある内科医の病棟マニュアル

とある内科医の病棟マニュアル

呼吸器内科医が日常診療の考え方を綴る備忘録

食欲不振、体重減少

スポンサーリンク

 

 

鑑別

ABCDEF TRIPSで鑑別!!

Abdominal
Anemia
慢性胃炎、消化性潰瘍、機能性ディスペプシア、炎症性腸疾患、イレウス、便秘、GERD、食道カンジダ放射線性食道炎・宿酔など
貧血
Brain 脳出血(慢性硬膜下血種)、脳梗塞、脳腫瘍、癌性髄膜症、パーキンソン病
Cardio うっ血性心不全心筋梗塞
Drug  
Electrolyte
Endocrine
低Na、高Ca、Zn欠乏、Fe欠乏(Plummer Vinson症候群)、ビタミンB1・B2・B12欠乏
甲状腺クリーゼ、甲状腺機能低下症、副腎不全、DKA、HHS、副甲状腺機能亢進症
Frail

低栄養や運動器障害(身体的フレイル)、うつや認知症(精神・心理的フレイル)

特に入院きっかけで顕在化することが多い

Tumor 悪性腫瘍による炎症、カヘキシアなど
Respirarion COPD、IP、肺高血圧症
Infection
Inflammation
感染症(重症感染症副鼻腔炎による味覚障害
膠原病、炎症性腸疾患
Psychiatry 神経性食思不振症、うつ病統合失調症認知症
Swallowing disturbance

加齢に伴う嚥下機能低下、義歯が合っていない、反回神経麻痺、脳梗塞脳出血による嚥下障害、脳腫瘤や椎体亜脱臼などによるBasiler compression、頸部や食道の腫瘤・通過障害(食道の腫瘤や腫瘍による食道外部からの圧迫、アカラシア、潰瘍後狭窄、骨棘や前縦靭帯骨化症の突出・DISH)、プランマービンソン症候群による食道炎、咽頭カンジダ、食道カンジダ口内炎、パーキンソン症状による嚥下障害、シェーグレン症候群による唾液減少、強皮症による嚥下障害、nutcracker食道など

 

原因となる薬剤

嘔気・嘔吐・食欲不振 化学療法、アマンタジン、抗生剤、ビスホスホネート製剤、ジゴキシン、テオフィリン、SSRI、メトホルミンやαグルコシダーゼ阻害剤
嚥下障害 ビスホスホネート製剤、鉄剤、カリウム製剤、ドキシサイクリン
味覚・嗅覚障害 アロプリノール、ACE阻害剤、抗コリン薬、抗ヒスタミン薬、カルシウム拮抗薬、レボドパ、スピロノラクトン、プロプラノロール
ドライマウス 抗コリン薬、抗ヒスタミン薬、利尿剤、クロニジン

 

検査

超高齢者の食欲不振

入院きっかけで食べなくなった

低栄養で元気がない

フレイル

などの自然なADL低下で食事が食べられなくなる場合はしばしばある。

 

食欲不振の原因精査

炎症性疾患がありそうな場合は不明熱の鑑別(発熱・炎症反応上昇を参照)

腹部レントゲン・全身CT(頭部~骨盤)(→器質的疾患の精査)、採血、電解質(Na、K、Ca)、Zn、Fe、ビタミン、肝腎機能、TSH、FT4、ACTH、コルチゾール便潜血

消化管内視鏡検査も積極的に検討する。

薬剤の確認と原因がありそうなら中止・減量を検討。

口内炎により食べられない場合は口内炎治療と歯科受診。

心不全が疑わしい場合

BNP、心電図、胸部X線写真、心エコー。

◆悪性腫瘍が疑わしい場合

全身CT⇒分からない場合はPET-CTまで考慮。

◆嚥下機能低下が疑われる場合

嚥下リハによる評価、頭部~胸部CT(嚥下障害の器質的原因の精査、反回神経麻痺の原因精査)、耳鼻科ファイバー(反回神経麻痺の評価)、嚥下造影やVE/VF、頭蓋内病変がかなり疑わしい場合には頭部MRIまで考慮。

食事形態の変更・トロミ付けなど

◆それでも原因不明の場合

精神科/心療内科コンサルト

 

対症療法

六君子湯補中益気湯十全大補湯など。3包分3 毎食前。

ガスモチン 3錠分3 毎食後(胃腸の動きを促進)

半夏厚朴湯 3包分3 毎食前(のどのつかえ感、異物感に)

ドグマチール 3錠分3 毎食後(割と良く効くが錐体外路症状に注意) 

 

悪性腫瘍による食欲不振の場合は以下も使用する

ステロイド

ベタメタゾンを0.5~1.0mg/日で開始。有効な投与量まで4.0mg/日まで増量する。

PPI、ST合剤

(効果が持続しないため、予後1~2ヶ月の患者に使用する。)

エドルミズ

エドルミズ100mgを1日1回 空腹時内服

<適応>

適応疾患:非小細胞肺癌、胃癌、膵癌、大腸癌におけるがん悪液質

6か月以内に5%以上の体重減少と食欲不振があり、かつ以下の①~③のうち2つ以上を認める患者に使用すること。

疲労または倦怠感

②全身の筋力低下

CRP値0.5mg/dL以上、ヘモグロビン値12g/dL未満またはアルブミン値3.2g/dL未満のいずれか1つ以上

<副作用>

心電図異常、糖尿病増悪、肝機能障害など

 

 

ランキングに参加中

読んでいただき感謝申し上げます。

クリックして投票いただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング