とある内科医の病棟マニュアル

とある内科医の病棟マニュアル

呼吸器内科医が日常診療の考え方を綴る備忘録

腰背部痛

スポンサーリンク

 

 

フローチャート

f:id:kodomonotsukai:20211020002315p:plain

 

鑑別

BACK PAINで鑑別

Bone Fracture

骨折、腰椎ヘルニア、脊柱管狭窄症

Aortic Disease 大動脈解離、大動脈瘤
Cancer 腫瘍(骨転移、多発性骨髄腫)
Kidney

腎盂腎炎、尿管結石、腎出血、腎梗塞

Pancreatitis 急性膵炎(肝胆膵の疾患の評価)
AMI 急性心筋梗塞

Infection

Inflammation
Infarction

硬膜外膿瘍、化膿性椎体炎、腸腰筋膿瘍

血清反応陰性脊椎炎
腎梗塞、脾梗塞

Neurologic compression 硬膜外膿瘍、椎間板ヘルニア、脊損、馬尾症候群、脊椎カリエス、血腫

 

鑑別の絞り込み!
突発性発症 急性大動脈解離、腹部大動脈瘤破裂、硬膜外血腫
痛みの移動、血圧の左右差 急性大動脈解離
発熱 腎盂腎炎、化膿性椎体炎、硬膜外膿瘍、血清反応陰性椎体炎
CVA tenderness 腎盂腎炎、尿管結石
両下肢麻痺や感覚障害 腰椎ヘルニア、馬尾症候群、化膿性椎体炎、硬膜外血腫
座位で悪化する 腰椎椎間板ヘルニア
立位で悪化する 腰部脊柱管狭窄症
SLRテスト L1-L3神経根症状
FNSTテスト L5-S1神経根症状

 

TUNA FISH

以下がRed Flag sign

Trauma 外傷
Unexplained weight loss 説明のつかない体重減少
Neurologic sign 神経症状(脊髄圧迫や馬尾症状:進行性の下肢筋力低下、麻痺、尿閉、サドル麻痺)
Age 20歳未満、50歳以上
Fever 発熱
Intravenous drug use 静脈注射薬物の使用
Steroid ステロイド免疫抑制剤、(HIV感染の既往)
History of cancer 悪性腫瘍の既往

 

検査

採血4本(凝固、Ca、Amy、CKを入れる)、尿検査・尿培養、腹部エコー(大動脈解離や瘤の評価、水腎症の評価)、腹部CT(単純/造影)、心電図、必要に応じて血液培養。

・大動脈解離、出血、梗塞、膿瘍、急性膵炎が疑われる場合は造影CT

・圧迫骨折が疑われる場合は胸腰椎3方向、CT、腰椎MRI(STIR)。

神経症状がある場合はMRI

(特に運動麻痺、馬尾症状、突然発症、進行性の症状増悪がある場合は緊急MRI。間欠性のものは待機的に検査⇒整形外科コンサルト)

・必要に応じてMRIを施行(椎体炎や腫瘤性病変の評価)

 

対症療法

急性腰痛症

ロキソニン60mg+レバミピド100mg 3錠分3 毎食後

ロキソニンテープ貼付

 

尿管結石

ロキソニン60mg+レバミピド100mg 3錠分3 毎食後

ウロカルン225mg 6錠分3 毎食後

コスパノン40mg 3錠分3 毎食後

★結石性腎盂腎炎は緊急で泌尿器科コンサルト!

 

 

ランキングに参加中

読んでいただき感謝申し上げます。

クリックして投票いただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング