とある内科医の病棟マニュアル

とある内科医の病棟マニュアル

呼吸器内科医が日常診療の考え方を綴る備忘録

輸血療法

スポンサーリンク

 

 

RBC(赤血球)

基本単位

1単位=140ml、2単位から使用

2単位を1~2時間で投与を行う。(心不全の場合は3~4時間で投与)

適応

★基本はHb≦7.0mg/dlで輸血と考える。

 

◆急性出血

出血量に応じて輸血を行う(Hb値を輸血の参考にはしない)。Hb≦6.0g/dLでほぼ必須。

◆慢性貧血

Hb<7.0の場合に輸血を考慮。

◆心疾患

Hb8~10g/dLを目標に輸血を行う。

◆大量輸血時

RBCとPCを両方輸血する場合(外傷性の出血時など)

RBC:PC:FFP=1:1:1で投与を行う

RBCのみの輸血を行う場合

RBCFFP=2.5:1で投与を行う

予測上昇Hb値

予測上昇Hb ≒ RBC2単位投与した場合は70÷体重(kg)と覚える。

 

PC(血小板)

基本単位

1単位=20ml、5単位から使用

10単位を約1時間で投与を行う。

適応

◆活動性出血

血小板5万以上になるように輸血。外傷性頭蓋内出血の場合は10万以上を目標に輸血を行う。

◆侵襲的処置の前

外科手術は5万以上、開頭術は10万以上、腰椎穿刺は5万以上、CV留置術は2万以上。

◆DIC

Plt5万未満で出血症状のある場合に考慮する

(ただし実臨床では5万以上になるように輸血することが多いか。。。)

◆その他

「2万未満」もしくは「5万未満かつ出血傾向あり」の場合に輸血する場合が多い。

禁忌

TTPには投与禁忌

予測上昇値

10単位で500×体重(kg)程度の上昇を認める(60kgで約3万の上昇)

10単位投与後24時間後に1万以上増えない場合は輸血不応を考える

CCI

CCI=血小板増加数×BSA(m²)÷輸血した血小板数[10^11]

CCI-1(1時間後)<7500、CCI-24(24時間後)<4500は輸血不応を考える。

 

FFP(新鮮凍結血漿

基本単位

1単位=120ml、1単位から使用

1単位を30分で投与する。

FFPは凝固因子活性が失活するので、融解後3時間以内に輸血する。

適応

PT-INR 2.0以上、PT 30%以下

APTTが基準値の2倍以上、APTT 25%以下

フィブリノーゲン:100㎎/dl未満

凝固因子の補充:大量輸血時の希釈性凝固異常、緊急止血時、凝固因子欠乏症、DIC、肝機能障害、L-アスパラギナーゼ投与時の凝固障害など

予測上昇値

体重50㎏の人に4単位投与すると凝固因子の血中レベルが20~30%上昇する。

 

輸血合併症

急性溶血反応、非溶血性発熱反応、アレルギー反応、TRALI(輸血後6時間以内に起こる非心原性肺水腫。ARDSに準じた管理を)、輸血後GVHD(輸血後7~14日後。全身管理)、TACO(輸血後の心不全。心原性肺水腫に準じた治療)、高カリウム血症(カリウム除去フィルター)、低カルシウム血症(クエン酸中毒。カルチコール投与)、希釈性凝固異常・血小板減少、ウイルス感染症、細菌感染症、鉄過剰

 

 

 

 👇 ポチっと押していただけると励みになります!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村