とある内科医の病棟マニュアル

とある内科医の病棟マニュアル

呼吸器内科医が日常診療の考え方を綴る備忘録

高K血症

スポンサーリンク

 

 

初期対応

★緊急性の確認

K≧6.0mEq/Lの場合

GI療法

腎不全+K≧7.0、代謝性アシドーシス、うっ血性心不全

緊急透析

心電図異常がある場合(テント上T波、P波、QRSの開大)

8.5%グルコン酸カルシウム10mlを5分で静注(1/4ずつ分割投与)

完全房室ブロックや徐脈がある場合

緊急ペーシング

 

フローチャート

f:id:kodomonotsukai:20220311012940p:plain

 

検査

心電図

被疑薬の中止・変更

K≧5.0mEq/Lの時、カリウムの補正開始。必要に応じてカリウム制限食へ。

※補正の前に必要な検査を提出すること!

✅尿定性・沈査、尿中電解質(Na、K、Cl、Cr。随時尿でも可)、尿浸透圧。

✅偽性高K血症が疑われる場合はヘパリン化採血

✅採血:血ガス、K、Ca、Mg、P、血清浸透圧、FT4、TSH、ACTH、コルチゾール、血糖、HbA1c血漿アルドステロン濃度と血漿レニン活性。

*TTKG=(UK/PK)/(UOsm/POsm)

 

カリウムの補正

★K>5.0で補正を開始する

K≧6.0~6.5mEq/Lの場合

★治療の基本は①+② 必要に応じて③や④を考慮する

GI療法(15分で効果発現。30分~60分で最大効果。4~6時間効果が持続する)

②ケイキサレートドライシロップ 3~6包分3 毎食後、カリメート散 3~6包分3 毎食後、アーガメイトゼリー25g 3~6個分3 毎食後 など

③必要に応じてベネトリン2ml吸入(15分~30分で効果発現し、2~3時間効果持続)

④必要に応じてラシックス20㎎を静注(1~2時間で効果発現し、4~6時間効果持続)

 

K<6.0~6.5mEq/Lの場合

・ケイキサレートドライシロップ 3~6包分3 毎食後

・カリメート散 3~6包分3 毎食後

・アーガメイトゼリー25g 3~6個分3 毎食後 

・便秘の副作用が強い場合や胃管が詰まる場合はロケルマ

(最初の2日間は10g×3、その後は5g×1、45mlの水に懸濁して内服)

 

GI療法のやり方

①50%ブドウ糖50ml+インスリン5~10単位を緩徐に静注(30分)

②5~10%ブドウ糖500ml+インスリン5~10単位を点滴静注(6時間)

*糖5gに対しインスリンを1単位を混注すると良い

*糖尿病患者の場合は糖2.5gに対しインスリンを1単位混注する

 

✅K再検:30分後、3時間後、6時間後

✅血糖測定:30分~1時間毎に血糖チェック!(治療開始後6時間後まで)

 

 

 

👇 ランキングに参加中!ポチっと押して投票いただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング