とある内科医の病棟マニュアル

とある内科医の病棟マニュアル

呼吸器内科医が日常診療の考え方を綴る備忘録

便秘薬

スポンサーリンク

 

 

①便を軟らかくする薬

◆腎不全なし

 酸化マグネシウム330㎎ 3~6錠分3 自己調節可

 *高Mgの副作用に注意して使用する(腎不全には✖)

 *胃管から投与すると詰まるので、胃管の場合はなるべく別の薬を使用する。

 *LVFXなどの一部の抗菌薬は作用が減弱する

◆腎不全あり

 アミティーザ24㎍ 2CP分2

 *若い女性では悪心が多いので使用しない

 D-ソルビトール 5g分2

◆腹痛が強い場合

 リンゼス 0.25mg 1~2錠分2

 

大腸刺激性下剤(腸管蠕動促進薬)

 センノシド 2錠分2 眠前内服

 ラキソベロン1回10~15滴 眠前内服

 

③直腸刺激性下剤(座薬・浣腸)

 テレミンソフト1個挿肛

 グリセリン浣腸30~60ml 

 

④非刺激性と刺激性の両方の作用を持つもの

 グーフィス5㎎ 1~3錠分1 食前内服

 

⑤その他の腸管蠕動促進薬

 パントシン 300~600mg 分1~3 毎食後

 パントシン 100㎎を1日2回 静注

 大建中湯3~6包分3 毎食前

 

オピオイド誘発性便秘症治療薬

 スインプロイク0.2㎎ 1錠分1

 

下剤の使い方

第一選択は①

⇒ 効果が不十分であれば②を頓用もしくは①④を併用

(刺激性の下剤は作用が強く、習慣性があるので連用はなるべく避ける)

 

腸蠕動の低下が強い場合

(高齢者、ICU患者などの重症例、腸蠕動の低下する薬剤の使用)

⇒②や⑤を最初から積極的に併用してよい。⇒下に降りてきたら③を使用。

 

排便困難感や残便感がある、便が下に降りている感じがある

⇒③を使用。硬便が直腸に溜まっている場合は摘便!

 

オピオイドによる便秘がどうしても改善しない場合

⇒⑥を使用する。

 

 

 

 👇 ポチっと押していただけると励みになります!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村