とある内科医の病棟マニュアル

とある内科医の病棟マニュアル

呼吸器内科医が日常診療の考え方を綴る備忘録

咽頭痛

スポンサーリンク

 

 

オーバービュー

f:id:kodomonotsukai:20211020210156p:plain

 

鑑別

①~③の順番で考える

①まずは5Killer sore throatの鑑別!➼Red flag signの確認!

扁桃周囲膿瘍、咽後膿瘍、急性喉頭蓋炎、Ludwig’s angina、Lemierre症候群

②次にCentors Criteriaを確認

 ➼陽性(2~3点以上)であれば溶連菌迅速抗原検査!

③ウイルス性咽頭炎感冒)、インフルエンザ、COVID-19、伝染性単核球症など

 

鑑別の絞り込み!

★Red flag sign

呼吸困難、開口障害、唾液嚥下困難、人生最悪の痛み、muffed voice(こもった声)、嗄声、見た目は軽度なのに痛みが強い、口蓋垂や軟口蓋の偏移

★Centors Criteria

体温≧38度          +1

咳嗽なし           +1

白苔を伴う扁桃発赤      +1

圧痛を伴う前頸部リンパ節腫脹 +1

15歳未満           +1

45歳以上           -1

 

1点以下:抗菌薬不要

2~3点:溶連菌迅速検査

4点以上:抗菌薬治療

 

☆周囲のシックコンタクト

☆10~20代、べっとりとした白苔、後頚部リンパ節腫脹、肝脾腫、異型リンパ球上昇、肝機能異常など ⇒ 伝染性単核球症を想起!

 

 

検査

採血(肝機能を含めて)、CK、TSH、FT4

必要に応じて、溶連菌迅速抗原検査、インフルエンザ迅速抗原、SARS-CoV-2 PCR造影CT喉頭高圧側面像、VCA-IgM、VCA-IgG、EBNA

 

その他の鑑別疾患

アデノウイルス流行性角結膜炎プール熱)、手足口病ヘルパンギーナ(コクサッキーウイルスA6/16、エンテロウイルス71)、単純ヘルペスウイルス、マイコプラズマサイトメガロウイルス、急性心筋梗塞(関連痛)、亜急性甲状腺炎、逆流性食道炎、縦隔気腫、後鼻漏、食道カンジダ症、食道異物や腫瘤、扁桃病巣感染症、その他の特殊な感染症HIVクラミジア、リケッチア、トキソプラズマ

 

追加検査

咽頭培養、FT4、TSH、アデノウイルス迅速検査、心電図、マイコプラズマLAMPマイコプラズマIgG・IgMHSV-IgM、C7-HRP、副鼻腔+胸部CT、耳鼻科ファイバー・上部消化管内視鏡咽頭の観察や逆流性食道炎)、HIV抗体検査

 

溶連菌感染症の治療

  • アモキシシリン250㎎ 4CP分2 10日間

(リウマチ熱や膿瘍合併予防のため必ず10日間完遂すること!)

 

伝染性単核球症が否定できない場合

 

ペニシリン系やセフェム系のアレルギーがある場合

  • クリンダマイシン900㎎分3 10日間
  • レボフロキサシン500㎎分1 10日間

 

対症療法

トランサミン250㎎ 3錠分3 毎食後

カロナール200㎎2錠 頓用

③桔梗湯 2.5g 3包分3 毎食前 ぬるま湯に溶かしてうがい後に内服

SPトローチ

イソジンうがい

 

 

ランキングに参加中

読んでいただき感謝申し上げます。

クリックして投票いただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング