とある内科医の病棟マニュアル

とある内科医の病棟マニュアル

呼吸器内科医が日常診療の考え方を綴る備忘録

意識障害

スポンサーリンク

 

 

オーバービュー

f:id:kodomonotsukai:20211020215824p:plain

 

鑑別

A Alcohol, アンモニア アルコール中毒、アルコール離脱、ウェルニッケ脳症、肝性脳症
I Insulin 低血糖DKA、HHS
U Uremia 尿毒症
E Encephalo
Electrolytes
Endocrine
Embolization
脳出血脳梗塞、高血圧性脳症、髄膜炎、脳腫瘍
電解質異常
甲状腺クリーゼ、副腎クリーゼ、ビタミン欠乏、セロトニン症候群
TTP、脂肪塞栓、IVL
O オピオイド
Overdose
O2
CO2
薬物中毒(オピオイドを含む)
低酸素血症、CO2ナルコーシス、一酸化炭素中毒
T Trauma
Temperature
Tumor
脳挫傷、頭蓋内出血
低体温、高体温
脳腫瘍、癌性髄膜炎、転移性脳腫瘍、腫瘍随伴症候群
I Infection 中枢神経系感染症、敗血症
P Psychogenic
Porphyria
転換性障害(ヒステリー)、低活動せん妄、統合失調症(カタトニー)、うつ病
ポルフィリア
S Seizure
Stroke
Shock
Syncope
けいれん、てんかん
脳出血脳梗塞、脳静脈洞血栓症
循環不全
失神

 

切迫するD

①GCS≦8

②急速に進行する意識低下(GCS 2点以上の低下)

③ヘルニア徴候(瞳孔の左右差、眼球偏位、片側麻痺、高血圧徐脈(クッシング徴候))

 

☆切迫するDがある場合はABCを安定化させたら、すぐに頭部CT!!

 

Do DON'T

・D:dextrose ブドウ糖静注

・O:oxygen   酸素投与

・N:naloxone   ナロキソン静注(BZ系の拮抗薬はアネキセート)

・T :thiamine ビタミンB1

 

※ナロキソンの使い方

ナロキソン(0.2mg/A)を1A+生食9mlでTotal10mlとし、呼吸数が改善するまで1分毎に1mlずつivする。

※アネキセートの使い方

 アネキセート0.5㎎/Aを半筒iv+半筒をメインに混注。

 

検査

採血4本、血ガス、Na、K、Cl、Ca、Mg、P、FT4、TSH、アンモニア、尿検査、頭部CT(全身CTで良い)、胸写、心電図、必要に応じてトライエージ、アームドロップテスト、カルガリー失神・痙攣スコア(失神の項目を参照)。

 

追加検査

頭部MRI、ルンバール、EEG(神経内科コンサルト)、ACTH、コルチゾールビタミンB1ビタミンB12精神科コンサルトポルフィリン症の鑑別(尿中PBGやALA)など

 

 

ランキングに参加中

読んでいただき感謝申し上げます。

クリックして投票いただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング